最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ (双葉文庫)

  • 87 読みたい
  • 68 現在読んでいるもの

発行元 藤井邦夫 .

    Download 柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ (双葉文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ (双葉文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ (双葉文庫) 無料で, 本の無料読書 柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ (双葉文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ (双葉文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  藤井邦夫
    • シリーズ名:  柳橋の弥平次捕物噺
    • 発売日:  2017年12月01日
    • 出版社:  双葉社
    • 商品番号:  5591207514130
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    諏訪町の油問屋近江屋に盗賊が押し込み、家族や奉公人ら九人を惨殺した。南町与力秋山久蔵と岡っ引の弥平次は、金蔵に残されていた天狗の絵から、甲州、駿府を荒らし回る“天狗の政五郎”一味の仕業だと見当をつける。弥平次らは政五郎らを追いはじめるが、頭の政五郎がかつて信濃高遠藩の藩士だったことが知れ……。

あなたも好きかもしれません

柳橋の弥平次捕物噺 : 4 道連れ by 藤井邦夫 ダウンロード PDF EPUB F2