最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 (幻冬舎新書)

  • 50 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 ネルケ無方 .

    Download なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  森炎
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2011年07月29日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000400182
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    EUは廃止、米国でも一五州で廃止された死刑制度を未だ適用するわが国で昨今、死刑基準に変化が生じている。そもそも死刑基準と言えば、一九八三年に最高裁が永山事件で示した「被害者の数」「犯罪の性質」「犯人の年齢」などが指針とされてきたが、近年では少年犯、一人殺害でも死刑になる可能性が高まっている。国民の誰もが死刑裁判に立ち会う可能性がある今、妥当な死刑判決はあり得るのか。戦後の主立った「死刑判決」事件を振り返りながら、時代によって大きく変わる死刑基準について考察する。

あなたも好きかもしれません

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか (幻冬舎新書) by ネルケ無方 ダウンロード PDF EPUB F2