最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

不安を力に変える ゆるっと哲学

  • 21 読みたい
  • 55 現在読んでいるもの

発行元 ただっち .

    Download 不安を力に変える ゆるっと哲学 本 Epub や Pdf 無料, 不安を力に変える ゆるっと哲学, オンラインで書籍をダウンロードする 不安を力に変える ゆるっと哲学 無料で, 本の無料読書 不安を力に変える ゆるっと哲学オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 不安を力に変える ゆるっと哲学 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ただっち
    • 発売日:  2021年02月09日
    • 出版社:  ぱる出版
    • 商品番号:  5591230654420
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ◎「不安を力に変える」哲学、たとえばこんなの

    ★非モテをこじらせそう

    →フロムが考えた「愛される人の共通点」


    ★「いいね」を欲しがる自分がイヤ

    →パスカル流「承認欲求」との付き合い方


    ★つい劣等感を持つ

    →ショーペンハウアー流「他人と比較しないコツ」


    ★不運なことばかりでメゲそう

    →カミュ流「不条理な世界」の生き抜き方


    ★人生の選択肢を後悔してばかり

    →ニーチェ流「今を肯定する」思考法


    ★すぐイライラする

    →ブッダ流「アンガーマネジメント」3ステップ


    ★向上心がなくて辛い

    →シオランが考えた「怠惰のメリット」とは


    ★仕事で結果が出ない

    →デカルトが編み出した 最高の「問題解決法」


    ★不運なことばかりでメゲそう

    →カミュ流「不条理な世界」の生き抜き方


    ◎「不安の時代を生き抜くトリセツ」としての哲学


    不安を力に変えるには、「哲学」が有効。

    なぜなら、歴史上の哲学者たちは、「不安の正体を明らかにする方法」や、「不安の正体とつき合っていく方法」について、考えをめぐらせてきたからです。

    とすると、哲学者とは「不安を力に変える」エキスパート。

    彼らの思考法を学ぶことは、「不安との付き合い方」を学ぶことと一緒なのです。


    かと言って、いきなり哲学者の全集なんかを読むのは、ハードルが高すぎ。

    「積ん読」必至。

    だからまずはマネること。

    本書の多くを占める漫画を読んで、ゆるっと、それでいて最短経路で「哲学的思考法」を学んでいきましょう。


    恋愛の不安。

    SNSの不安。

    人間関係の不安。

    仕事の不安。

    健康の不安。


    哲学の「て」の字も知らない初心者に向けて、「不安の時代を生き抜くトリセツ」としての、哲学入門書ができました!


    ◎目次

    【第1限目】フロム「愛するということ」

    ★愛されなくて不安

    ☆「愛される方法」ではなく「愛する技術」を求める


    【第2限目】ショーペンハウアー「その人が何者なのか」

    ★つい、自分と他人を比較して不安

    ☆「自分は何者か」を考え続ける人に 他人が入りこむスキはない


    【第3限目】ヘーゲル「主人と奴隷の弁証法」

    ★他人に使われてばかりで不安

    ☆「マウント」を取ってくる相手に逆転勝利する方法


    【第4限目】アリストテレス「エネルゲイア」

    ★「成功者」になれなくて不安

    ☆「努力する者」は「楽しむ者」に敵わない


    【第5限目】ベルクソン「純粋持続」

    ★いつも時間に追われるようで不安

    ☆スケジュール帳を予定で埋めるほど「焦燥感」に駆られる理由


    【第6限目】シオラン「怠惰の高貴さ」

    ★「意識高い系」を見ると不安

    ☆「何も始めない人」には 秘められた可能性がある


    【第7限目】サルトル「まなざし」

    ★他人の目が気になって不安

    ☆他人の視線から逃げず 自分から迎えに行く


    【第8限目】ウィトゲンシュタイン「言語ゲーム」

    ★「空気」が読めなくて不安

    ☆コミュニケーションの裏にある「ルール」を見抜くコツ


    【第9限目】ドゥールズ(とガタリ)「逃走線」

    ★逃げだしたいことが多くて不安

    ☆「逃走」はリスキーだがクリエイティブな行為


    【第10限目】ボードリヤール「記号と差異への欲望」

    ★買っても買っても 満たされなくて不安

    ☆「他人と一緒はイヤ」この考えこそ画一的である


    【第11限目】ニーチェ「永劫回帰」

    ★「やり直したいこと」だらけで不安

    ☆「この人生を何度繰り返してもいい」 今からでも、そう思えるよう生きる


    【第12限目】ジジェク「相互受動性」

    ★惰性で働いてしまって不安

    ☆「イヤな仕事をムリに続ける努力」より「楽しみを感じとる努力」をする


    【第13限目】ハンナ・アーレント「許しと約束」

    ★人間関係がうまくいかなくて不安

    ☆コミュニケーションを円滑にする 2つのキーワード


    【第14限目】パスカル「みじめさの自覚」

    ★承認欲求を捨てきれなくて不安

    ☆みじめな「承認欲求」をポジティブな力に変える


    【第15限目】ブッダ「怒りにうち勝つ」

    ★イライラしやすくて不安

    ☆怒りを克服できる たった1つの方法


    【第16限目】デカルト「方法序説」

    ★仕事で結果が出なくて不安

    ☆問題を解決するときは 確実でカンタンなことから始める


    【第17限目】カント「エゴイズムと複数主義」

    ★他人から批判されて不安

    ☆「ジコチュー」から抜け出す シンプルな考え方


    【第18限目】フロイト「死の欲動」

    ★この世からスーッと消えたくなって不安

    ☆死はストレスフリーの状態 時に「消えたくなる」のは当然


    【第19限目】ハイデガー「先駆的決意性」

    ★「やる気」が出なくて不安

    ☆死を見つめることで 主体的な生き方を取り戻す


    【第20限目】カミュ「不条理を生きる」

    ★生きている意味がわからなくて不安

    ☆「人生は無意味」 それでも希望は生まれる

あなたも好きかもしれません

不安を力に変える ゆるっと哲学 by ただっち ダウンロード PDF EPUB F2