最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書)

  • 28 読みたい
  • 77 現在読んでいるもの

発行元 李栄薫・編著 .

    Download リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  倉持麟太郎
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2020年09月18日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591231545140
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    細分化されたアイデンティティ集団の近視眼的政治利用がリベラルの包容力を自壊させ、あまりに理想的に設定されたリベラルな価値からこぼれ落ちる生身の人々の憤りがポピュリズムを肥大化させる。グローバリズムとアルゴリズムの波は、個人の自律のみならず国家の自律をも脅かす。AI時代において国家と個人の自律を貫く具体策とは? ナショナル・アイデンティティによる包摂、そして「人の支配」から「法の支配」への脱却を斬新に提言する、気鋭の法律家によるリベラル再生に向けた挑戦状。

あなたも好きかもしれません

リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書) by 李栄薫・編著 ダウンロード PDF EPUB F2