最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

東日本大震災と憲法

  • 6 読みたい
  • 55 現在読んでいるもの

発行元 高木秀雄 .

    Download 東日本大震災と憲法 本 Epub や Pdf 無料, 東日本大震災と憲法, オンラインで書籍をダウンロードする 東日本大震災と憲法 無料で, 本の無料読書 東日本大震災と憲法オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 東日本大震災と憲法 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  水島朝穂
    • シリーズ名:  早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える
    • 発売日:  2013年12月13日
    • 出版社:  早稲田大学出版部
    • 商品番号:  4912382390009
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    いまこそ、個人の尊重を問う。震災後間もなく、原発20キロ圏の南相馬市から大槌町吉里吉里地区まで800キロにわたる現地取材を敢行。憲法に基づく「人権」「平和」「自治」による復興への課題と展望をつづる。全国学校図書館協議会選定図書


    序ーーその日


    第I部 現場を行く

     想定外という言葉ーー東日本大震災から1カ月/災害派遣の本務化へ/郡山から南相馬へ/「トモダチ」という作戦 /「避難所」になった女川原発 /石巻と大船渡ーー被災地における新聞の役割/南三陸、気仙沼、釜石などーー被災地の自衛隊/陸前高田の人々/大槌町吉里吉里


    第II部 東日本大震災からの復興に向けてーー憲法の視点から

     1 震災後初の憲法記念日に

     2 大震災からの復興と憲法

     3 大震災における多様なアクターの活動

     4 災害と犠牲ーー補償をどうするか

     5 国会と政府はどうだったかーー「政治手動」の結果

     6 足尾銅山問題とフクシマーー田中正造の視点

     7 新しい連帯の芽生えーーウルリッヒ・ベックの主張から

あなたも好きかもしれません

東日本大震災と憲法:この国への直言 by 高木秀雄 ダウンロード PDF EPUB F2