最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書)

  • 65 読みたい
  • 70 現在読んでいるもの

発行元 パトリック・ハーラン .

    Download 精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  高橋和巳
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2019年12月20日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591226834140
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人の話を聴くことは難しいが、本当に聴けた時には相手の人生を変えるほどの効果がある。「聴く技術」を〈黙って聴く〉〈賛成して聴く〉〈感情を聴く〉〈葛藤を聴く〉の四つのステップに分けて、事例と共にわかりやすく解説する。最後に「自分の心を聴く」ことで、自分を受け入れる技術を解き明かす。精神科医として、またカウンセラーのスーパーバイザーとして、長年にわたり人の話を聴き続けてきた著者が教える「聴く技術」。「聴く」ことの驚くべき深い世界を知ってほしい。

あなたも好きかもしれません

精神科医が教える聴く技術 (ちくま新書) by パトリック・ハーラン ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、カウンセラー志望の人のクライアントの悩みを聞く本になっていますね。
特に、「傾聴」を大事にしていて、黙って、クライアントの悩みを最後まで聞く事の大事さを書いていますね。筆者は、カウンセラーを指導する立場にいるので、具体的にケース・スタディが書いてあるので、カウンセラー志望の人は必見ですね。
1:黙って聴く2:賛成して聴く。3:感情を聴く。4:葛藤を聴くの4つを大事にしていますね。
基本的に、聴く(リスニング)と聞く(ヒアリング)には、基本的に多くの違いがあり、聞くは、ただ、聞き流すの対して、「聴く」は、じっくりと、クライアントの話を理解して、そして、共感し、クライアントの問題点を整理しながら、クライアントが問題点に気づき、自ら、解決できるような環境を作ることとしているように感じた。
その為、ビリーフセラピーのように、問題解決案を提案することは、この本では、筆者は、必要がないとしている。
ただ、個人的には、必要ならば、相手が気づいていない医療の事やアイデアは、教えても、問題ないと感じた。そもそも、カウンセラーと医者は、両者は一体の医療が現在の精神医療であり、医者だけでは、話を聞くことに、専念できないために、カウンセラーが必要とされている。
また、現在、カウンセリングは、保険診療が受けられない事が多いので、保険診療が受けられるように、厚労省には求められる。
そして、この本は、あくまで、メンタルの健康な人間が使う技術であり、メンタルがしっかりとしていない人間が使ってはいけないということである。相手の話を聞く事は大事だが、聴くことを当たり前にすると、精神病の人間が寄ってきて、収拾がつかなくなり、一般の人間のメンタルは持たない。
あくまで、この本の技術は、メンタルが健全であり、カウンセリングを専門にする人間の技術であることを知っておく事が大事である。一般の人間がくれぐれも、深みはまってはいけない領域である。