最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫)

  • 72 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 アンジェラ・アッカーマン .

    Download 海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  雨宮 周
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2020年03月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4339235700300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    弁護士・海棠忍は、しがない法律事務所で依頼に振り回される日々を送っている。最大の悩みは、自らが後見人をつとめる十五歳の少女、黒澤瑞葉。ずば抜けて聡明なのだが、事務所に入り浸って事件に首を突っ込もうとするのだ。ある日、小学6年生の杉浦涼太が事務所を訪れ、三年前に事故死した祖父の遺品を取り戻してほしいと依頼する。幼い記憶ではあるが、祖父は最も大切にしていた黒猫の絵を「自分が死んだら涼太に贈る」と約束していたはずでーー?【登場人物】▼海棠忍:町の小さな法律事務所の主。目下の悩みは、自らが後見を務める少女・瑞葉が依頼に首を突っ込みたがること。数年前まで大手事務所で熱意ある仕事をしていたようだが……。▼黒澤瑞葉:高名な推理小説作家の娘。十五歳にして大人顔負けの知識を持ち、高校入学を拒否する。事件に興味深々だが、事務所に出入りする理由は他にもあるようだ。

あなたも好きかもしれません

海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 (角川文庫) by アンジェラ・アッカーマン ダウンロード PDF EPUB F2