最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ

  • 25 読みたい
  • 47 現在読んでいるもの

発行元 ステファニー・コロイン .

    Download 銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ 本 Epub や Pdf 無料, 銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ, オンラインで書籍をダウンロードする 銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ 無料で, 本の無料読書 銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  田村祐一
    • 発売日:  2015年01月29日
    • 出版社:  プレジデント社
    • 商品番号:  4770021150000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    廃業寸前の銭湯「日の出湯」を引き継ぎ、若き4代目はどうやって経営を立て直したのか?

    「価格競争はできない」

    「新たな設備投資もきわめて難しい」

    「すぐ近くに強力な競合店がある」

    このような“三重苦を抱えたなかで、他の銭湯との違いを出すために取り組んだのが、お客さまとの日々の会話。

    番台でお客さまと話しながら、失敗したり学んできた「感じがいい」店になるための会話のコツとは?


    【著者紹介】

    田村 祐一(たむら・ゆういち)

    1980年12月生まれ。

    東京都大田区蒲田にある「大田黒湯温泉 第二日の出湯」の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。

    大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。

    2010年8月、世界に銭湯ファンをつくる活動「銭湯部」を創部。

    SNSで話題を呼び、NHK首都圏ネットワーク、お元気ですか日本列島、朝日新聞、共同通信社などの取材を受ける。

    2012年5月より創業の地である浅草「日の出湯」のマネージャーとして銭湯経営に携わる。

    赤字経営が続いていた「日の出湯」だったが、

    「お客さまに心地よくなってもらう」という一心で番台をつとめることで、常連客を着実に増やしている。


    【目次より】

    ◆第1章 出会った瞬間、心が温まるような挨拶を

    ◆第2章 「ご年配のお客さまに好まれる話題」の見つけ方

    ◆第3章 「聞き方」を変えれば、もっと信頼される

    ◆第4章 ご年配の方に、声をかけるときに気をつけること

    ◆第5章 お客さまの様子を見ながら、ふさわしい接し方を

    ◆第6章 相手の立場になって考えて、さらに愛される

あなたも好きかもしれません

銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ by ステファニー・コロイン ダウンロード PDF EPUB F2