最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫)

  • 83 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 桔梗楓/冬臣 .

    Download こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫) 本 Epub や Pdf 無料, こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫), オンラインで書籍をダウンロードする こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫) 無料で, 本の無料読書 こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鳩見すた/ゆうこ
    • レーベル:  マイナビ出版ファン文庫
    • 発売日:  2020年08月20日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000003135
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    黙っているとコック(レッサーパンダ)が無限においしい料理を出してくれる!


    高校三年生の一ノ関は部活の後輩の二宮に呼び出され待ち合わせ場所に向かった。

    待ち合わせ場所に現れた二宮は一ノ関に対して怒っているようだが、心当たりのない一ノ関は理由を聞きだすために『西洋料理店 小熊猫軒』へ連れていくことに。

    山の道なき道を歩いた先に一軒の料理店が現れ、ふたりを迎えてくれたのは自分を人間だと思いこんでいるレッサーパンダだった。

    次から次へとおいしい料理が出てきてお腹も心も満たされた二宮は、心の内を話しだすーー。


    かわいいレッサーパンダのコタローさんがあたたかい料理で悩みを抱えたお客さんをおもてなし


    人と人を料理で繋げる“もふもふ”癒しの連作短編。


    ●目次

    二宮二葉はビーフシチューに「ぐぬぬ」と口を割った

    二宮三津代は半熟オムライスで白状してしまう

    豊四季風王は二種のハンバーグに胸中を吐露した

    五香いつかはロールキャベツでうっかり豹変する

    六日町陸人はチーズリゾットで疑心を述懐する

    一ノ関好一はミートソースを食べてもこぼさなかった

    七里奈菜はコーヒーを飲んでわがままを言った


    ●著者

    ◆著者

    鳩見すた(はとみ・すた)

    『ひとつ海のパラスアテナ』で第21回電撃小説大賞で“大賞”を受賞しデビュー。著書に『アリクイのいんぼう』1~4巻、『ハリネズミと謎解きたがりなパン屋さん』1~2巻、『秘密結社ペンギン同盟 あるいはホテルコペンの幸福な朝食』(KADOKAWA)などがある。


    ◆イラストレーター

    ゆうこ

あなたも好きかもしれません

こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (マイナビ出版ファン文庫) by 桔梗楓/冬臣 ダウンロード PDF EPUB F2