最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

オリーブの罠 (講談社現代新書)

  • 40 読みたい
  • 27 現在読んでいるもの

発行元 笹生那実 .

    Download オリーブの罠 (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, オリーブの罠 (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする オリーブの罠 (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 オリーブの罠 (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 オリーブの罠 (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  酒井順子
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  オリーブの罠
    • 発売日:  2014年12月26日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000019979
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『オリーブ』とは「モテの戦場」からの解放だったーー女子高生時代から『オリーブ』愛読者であり執筆者でもあった著者が、少女達を夢中にさせ、その人生観にも影響を与えた伝説の雑誌を振り返る。大人になった今だからわかることーー「オリーブの罠」とは何だったのか。(講談社現代新書)

あなたも好きかもしれません

オリーブの罠 (講談社現代新書) by 笹生那実 ダウンロード PDF EPUB F2

オリーブ、懐かしいですね。
私が読んでいたのはちょうど付属高校文化とリセエンヌ文化が混じった頃で、毎号東京への憧れヨーロッパへの憧れを募らせていたのでした。
マーガレット酒井先生(=この本の筆者 酒井順子さん)覚えてます。
まさか当時大学一年生が全く想像だけで書いていたとは思ってませんでした(苦笑)
大学に入った頃から何となくオリーブに違和感を感じるようになり離れていったのですが、本書を読んであれは単に自分が読者対象年齢を外れたからだけでなく、オリーブが独自の非モテ文化路線へ変質していった時期だったことに気が付き目から鱗でした。