最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち

  • 30 読みたい
  • 77 現在読んでいるもの

発行元 とがわ 愛 .

    Download 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 本 Epub や Pdf 無料, 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち, オンラインで書籍をダウンロードする 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 無料で, 本の無料読書 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たちオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  五百田達成
    • シリーズ名:  不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち
    • 発売日:  2016年11月11日
    • 出版社:  ディスカヴァー・トゥエンティワン
    • 商品番号:  4914093530001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「三つ子の魂百まで」と言いますが、家庭は人間にとってもっとも原始的な社会・人間関係を体験する場です。

    そこで大きく影響するのが生まれ順、つまり、きょうだい構成=「きょうだい型」です。


    「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と下のきょうだいの面倒を任せられることによって責任感を身につける“きまじめな王様”長子。

    生まれたときから兄姉という「前例」を見ながら要領よく甘え上手に育つ “したたかなアイドル”末っ子。

    上と下に挟まれ、自分のアイデンティティを模索し続ける “永遠の思春期”中間子。

    親の愛を一身に受け、ひたすら天真爛漫に成長する “マイペースな天才肌”一人っ子。


    「お兄ちゃんぽい」「妹っぽい」という性格は、本当なのか?そして、それはどのように形成されたものなのか? 独自に開発した「きょうだい型メソッド」により、その仕組みがまるわかりになります!


    「だから自分はリーダーの役割が苦手なんだ」「そういえば、自分の友人は一人っ子ばっかり」など、

    自分自身への理解が深まると同時に、自分とは違う人のメンタリティに驚くこと請け合いです。


    思わず「あるある」と言ってしまうエピソードに加え、それぞれのタイプを動かすためのひとことフレーズ、相性チェック表など、仕事、恋愛、結婚、友人……あらゆる人間関係に役立つコンテンツ満載の一冊。


    <本書の効果・効能>

    ・ 自分では意識していなかった性格、考え方の根っこの部分を知ることができる

    ・ 親やきょうだいの行動原理が分かり、家族づきあいがラクになる

    ・ 妻や夫、子どもの考え方が分かり、夫婦のやり取り・子育てにも役立つ

    ・ 恋人や友人、職場の同僚の性格が分かり、コミュニケーションが円滑になる


    <こんなに違う!それぞれの思考・行動パターン>

    たとえると…….

    長子は、A型のライオン

    末子は、O型の犬

    中間子は、AB型のカメレオン

    一人っ子は、B型のネコ


    著名人では……

    長子は、石原慎太郎・市川海老蔵

    末子は、イチロー・本田圭祐

    中間子は、孫正義・柳井正

    一人っ子は、村上春樹・坂本龍一


    仕事では……

    長子は、仕事に成長を求める

    末子は、仕事にバランスを求める

    中間子は、仕事に人間関係を求める

    一人っ子は、仕事にやりがいを求める


    結婚では……

    長子は、価値観が合う人と結婚する

    末子は、気が合う人と結婚する

    中間子は、自分を好きな人と結婚する

    一人っ子は、自分が好きな人と結婚する

    (本書より、一部抜粋)

あなたも好きかもしれません

不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち by とがわ 愛 ダウンロード PDF EPUB F2

タイトルがとても気に成ったので購入しました。
テンポよくそれぞれの性格が紹介されていて、とても面白かった。単純に生まれた順番に分けただけなので、性別や、兄弟の中での唯一の性、双子などの状況は加味されていません。だから、すべての人に全部が当てはまるわけではありませんが、参考程度にするには、とても面白かったです。
どうにもとっつきにくい人がいて、つかめないと思っていたのですが、これを読んで、ドンぴしゃに当てはまり、その人のキャラが私なりに納得できました! 読んで良かったです。
この本は本当にごく普通の家庭で育った人が読むと
当てはまるのかもしれませんが、複雑な家庭環境で育った私にとっては悪口としてしか受けとれず本当に買わなければよかった。