最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書)

  • 29 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 櫻澤誠 .

    Download 戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, 戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする 戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書) 無料で, 本の無料読書 戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  原彬久
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか
    • 発売日:  2013年12月13日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912331820001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    敗戦直後、日本社会党が誕生した。戦前の無産政党を糾合し、「社会主義国日本」を目指しての結党である。しかし以後半世紀、一度として単独政権を打ち樹てることなく、ついに崩落した。社会党の歴史は、日米安保体制=自由主義陣営打破の闘いとそれに絡まる路線・派閥抗争の軌跡でもある。ソ連型社会主義と共振するその「理想主義」は、議会制民主主義と矛盾する側面をもっていた。日本社会党を通して、戦後日本の全体像をみつめる。

あなたも好きかもしれません

戦後史のなかの日本社会党 その理想主義とは何であったのか (中公新書) by 櫻澤誠 ダウンロード PDF EPUB F2